八王子ビジネスパーソン向けウェブマガジン|Gmagazine(ジーマガジン)

people

第14回「経験者は語る会」レポート【vol.2】

経験者は語る会

第14回経験者は語る会レポート!

経験者は語る会

2015年10月20日に行われた、「経験者は語る会」レポートのvol.2です!
前回の記事を読んでいない方は こちら からどうぞ!

 

家事と育児をこなしつつ、起業!川崎さん

経験者は語る会

2人目は、子ども4人の育児と家事をこなしつつ、ライフオーガナイザーとして起業をした川崎さんです。

 

川崎さんは、結婚して子供が生まれるまでは、派遣社員という形で不動産仲介営業をしていました。
退職して専業主婦として育児と家事に追われる毎日を過ごしていましたが、このまま3人の子育てと家事で人生が終わるのではないか…と、育児ノイローゼになってしまった川崎さん。
たまらなくなって、外に出て働くことを決意します。

 

その後、4人目のお子さんを出産した機にパートを退職しますが、正社員での再就職は難しい、ということから起業を考えるようになりました。

 

自由に働きたい、年をとっても素敵な女性でいたい、起業という選択肢を子供に与えられるのではないか、と様々な考えを持って、川崎さんは起業への道を歩き出しました。

 

ライフオーガナイザーとして起業!

その後川崎さんは、2年間、起業の中身を考えました。

 

子ども4人を育てた経験、主婦としての経験は強みになるということ。
さらに、誰からも認められる資格を持つことが必要だと思った、ということから、

 

・インテリアコーディネーター
・整理収納コンサルタント
・ライフオーガナイザー

 

の資格を取得しました。
そして現在、日本ライフオーガナイザー協会の認定講師として、川崎さんは活躍されています。

 

一般的には、主婦は正社員になることが難しいと言われていますが、それを一歩超えて起業という道を選択した川崎さん。
川崎さんの、自分の強み、良さを考え、行動するというところは、見習わなくてはならないところだと思いました。

起業を通して様々なことを手に入れることができた

経験者は語る会

 

そんな川崎さんも、やったことのない”起業”は怖かったとのこと。
しかし、起業を通して、自由・収入・仲間など、得られたものがとても大きい、とお話ししてくださいました。

 

「一歩踏み出さなければ、何も得られない」という言葉は、特に私の胸に刺さりました。
失敗が怖くて踏み出せない、という人は多いと思いますが、あれこれ考えているだけでは何も得ることができないのですね。

 

「大人になると失敗が怖くてできなくなってしまうことがあるから、学生のうちにたくさんチャレンジしよう!」
と、学生への重みのある一言で、川崎さんの講演は終了しました。

 

 

女性は、働くことと家庭のことで悩むことが多々あるでしょう。
人生の大切なポイントにおいて、働くか家庭に専念するか、選択を迫られることはたくさんあります。
そのときに、正社員やパートとして働き続ける、という選択肢の他に、起業する、という道もあるのだ、ということを、川崎さんは私たちに教えてくださいました。

 

女性にとって、また、男性にとっても、川崎さんの働き方はとても良い一つのロールモデルであると思います。
この講演を聞きに来た学生さんたちは、きっと新しい選択肢を見つけることができたのではないでしょうか。

 

 

さて、次回は3人目の石堂さんの講演をご紹介いたします!
経営者からの鋭い切り口で語ってくれた石堂さんのレポートをお楽しみに(*^o^*)

 

 

writer profile

優衣荻原

荻原 優衣 / yuiogiwara このライターの記事一覧を見る 中央大学法学部政治学科3年生。3年生の初めまでは毎日目標もなく過ごしていたが、ある日エンジニアになりたいと思い、現在ではプログラミングを勉強中。将来はフリーのエンジニア兼ライターになることが夢。生きがいはディズニーに行くこと、ライブで暴れることです。